病院での待ち時間について。

病院に待ち時間は付き物ですが、

人によりまたその日の体調や予定により、感じ方は異なります。

 

通常、クリニックでは30分以上、総合病院等では1時間以上待たされると

大多数の患者さんが不満に感じると言われています。

たしかに診療のながれ上、仕方ないと言わざるを得ない部分もありますが

まずは待ち時間を減らすための努力を怠ってはいないか、と業務の細部まで一度チェックをしてみましょう。

 

また具体的な対策を検討することができなくとも、科目や職種関係なくすぐに始められることがあります。

それは「お待たせしました」のひとこと。

受付で、検査室で、診察室で、会計で、

それぞれの場所に移動するたびにスタッフから「お待たせしました(ニコッ)」と言葉かけをすることで

そのたびに患者さんの小さなストレスを解消することができるはずです。

某ファストフード店でもありますね「スマイル0円」。

 

「お待たせしました」はノーコスト、ノーリスク。

どこから改善したらよいかわからないという方、まずは試してみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー: 医療投稿一覧


Notice: Undefined offset: 0 in /home/sss-ss/sss-ss.net/public_html/wp-content/plugins/cardoza-facebook-like-box/cardoza_facebook_like_box.php on line 937